"小林彰太郎フォトアーカイブ展"見学会


2014年8月31日

小林彰太郎フォトアーカイブ展「昭和の日本 自動車見聞録」を見学。
 会場はお台場にあるトヨタの施設「メガウェブ・ヒストリーガレージ」2階の展示場で、従来の展示車たちはバックヤードに収納し、小林氏の写真コレクションを大型パネルにし展示していました。
 写真は戦前の路上で撮影された約500点、車そのものだけでなく、路上風景や背景など、昭和初期の日本の生活環境や風俗も見ることができました。
 また、展示車はイスパノスイザK6、モーリス・エイト・シリーズT、ダットサン16型セダン、コード810、ルノー6CVタイプNN、トヨタAC型乗用車と小林氏に関連のある車たちでした。
 この企画展は小林彰太郎氏の生涯の集大成と思われる素晴らしい内容で、戦前戦中生まれの参加者は、とても懐かしく感傷に浸りました。
 また、お子さんお孫さんを連れて参加された会員が来られ、三世代が参加する「MGCCJC」は歴史と由緒あるクラブという事が実感できました。
 我がMGCCJCは永久に不滅です!
※若い人達はウイングレット(トヨタ製セグウェイ)の試乗や展示していた水素燃料電池86オープンにも興味津々でした。(Reported by T.Kodama)